News & Topics

B.Laboのお知らせ

【センスを巡る冒険】その②センスとは自分の判断基準か他人からの評価か

 

センスの何もしらないまま、とりあえずもう少し先に進んでみよう。

 

「あの人はセンスがある」

「私はセンスがない」

 

とひとくくりで言うけれど、

いろんなセンスがあるよね。

 

例えば

 

◎色彩センス

◎服装のセンス

◎音楽センス

◎スポーツのセンス

◎言葉のセンス

◎料理のセンス

◎勉強のセンス

◎ダンスのセンス

◎ギャンブルのセンス

◎生きるセンス

◎状況を見極めるセンス

◎人付き合いのセンス

 

などなど、あげればきりがないくらい。

 

運動音痴だけど、服装センス抜群でめちゃくちゃオシャレでモテるとか

勉強は出来ないけど処世センスはずば抜けてて出世して稼いでるとか。

 

例えがイマイチだけど、

 

持てるセンスはひとつじゃない。

 

またそれは在る無いじゃなく、大か小か、かもしれない。

あるいは、基準より上か下か、かもしれない。

 

どんな分野であれ、「ゼロ」ってことはそう無いだろうと思う。

 

いや。
ゼロ、百など絶対的な数字で表されるものではなく、相対的な比較によるものかもしれない。

 

う~ん、例えば、例えばよ。

 

ファッションで言うと、

 

ある村でセンス抜群!間違いなくファッションリーダーだよね!と思われてる人も

NYに行ったら、普通~だったり、ちょっとイケてない部類に入ることもあるわけだ。

小学生女子の価値観で超かわいーー!センスいいーー!

が、大人からみたらなんてヘンテコなんだろうってこともある。

 

となると、センスとは、その人なりの価値観・判断基準なようにも思える。

 

だけど私としては

自分なりの美意識だったり判断基準としての「センス」ではなく

人からの評価としての「センス」が欲しいなと思っていた。

 

「私ってほんとセンスいい!」と思えるかどうかより

「陵さんはセンスがいいよね」って思われたい。と。

 

だけど、今こうしてよくよく考えてみると、
あれ?本当にそうだろうか。とモヤモヤ。

 

いくら人からセンスが「ある」と言われても、

自分で納得できていないなら「ない」のと同じなんじゃないだろうか。

 

逆もそうか。

 

自分でいいと思ってても、人から見たらただの「勘違い」「自己満足」

う~ん、難しいね。

 

自分で100%「納得」してる「自信」のあるひとなんていないかもしれないし、こんなことをいくら考えてもきっと答えなんてないんだろう。

 

 

 

だが、答えがないからこそ考える価値がある。

 

センスは自分の中だけをいくら探してもなかなか見つけられない。

少なくとも、私の中には、たぶんもうない。

 

だからこうやって外にある事実・具体を集めて並べて考える。

そうして自分の中でこねたり焼いたり熟成させたりしたら、抽象度を上げて、絞るように一つの概念を導き出し、それを仮説に転用する。

 

 

 

 

 

センスの良い人というのは、ひとつひとつのチョイスやジャッジにおいて

やっぱり、ちゃんと考えていて、大事なポイントをキッチリおさえていて、

決して外さない。

 

「外さない」

 

これも大事なキーワードな気がするぞ。

 

 

そうそう。昨日美容室に行ったんだ。

 

 

その美容師さんは、偶然同じ時期に出産&産休されてて数か月前に復帰。

昨日約2年ぶりくらいにお会いできて、

なんだか泣けた。

 

出産・育児・コロナという命がけで過酷な戦場を乗り越え無事生還した同志のような感覚。

 

その方は、プロ意識がたかくて、私の好みもわかってくれてて、細かく言わなくてもいい感じで扱いやすい髪型にしてくれるから、信頼している。

 

つまり「センスがいい」

 

 

あ、センス。見つけた。

 

あった。

 

これだ、センス。

 

でも本人は「いやいや有難いけどまだまだです。」って言うだろうな。

 

 

 

では、本人に自覚がなくても私という他人から見てどういうところにそれを感じるのかというと、

やっぱり、知識としてモノをよく知っているし、事実をよく見て、自分の頭でよく考えてるんだよね。

勉強熱心だし、苦悩しているのがわかる。

 

その思考を豊富な実体験をもとに仮説だてた上で、
慎重に実践してくれているんだよね。

 

 

 

 

髪の生え癖

産後の髪と頭皮の状態

ライフスタイルの変化

心情の変化

次いつ美容院に来れるか

 

 

ひとつひとつちゃんと考えて、これだと思う最適解を導く。

 

 

 

センスは、物事に対する思考の深さに関わっている。

 

 

 

そして、「思考」というふわっとしたものを、現実の目に見える形に落とし込む「技術」

 

その2つが合わさってセンスというのかもしれないな。

 

 

センス無い人って、な~んも考えてない人。

 

なんとな~く選んでなんとな~くやっちゃう人、なのかもね。

 

でもそのなんとな~くの無意識でバシっと決めてくる人もいそうだからますますわからない。

それは天才ってやつなのかな?

 

この、
【センスとは、「無意識」か「こだわり」か】

という問いについては別で考察していきたいと思う。

 

つまり、タイトルの問い

 

【センスとは自分の判断基準か他人からの評価か】

 

に対する私の結論としては、

 

両方のバランス。
だけど、先に「自分なりの判断基準」ありき。

 

 

うん。

今日は、そんな気がする( ..)φ

 

 

 

 

 

RYO